新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 老化に伴う骨粗鬆症等における骨の再生?回復に働く物質を特定―歯周病や骨粗鬆症の治療薬開発促進に期待―

老化に伴う骨粗鬆症等における骨の再生?回復に働く物質を特定
―歯周病や骨粗鬆症の治療薬開発促進に期待―

 新潟大学大学院医歯学総合研究科高度口腔機能教育研究センター/研究統括機構の前川知樹研究教授、前田健康教授、同研究科微生物感染症学分野の寺尾豊教授、同研究科歯周診断?再建学分野の多部田康一教授、ならびに博狗体育在线_狗博体育直播【官方授权网站】@大村智記念研究所の砂塚敏明教授、廣瀬友靖教授らの研究グループは、米国ペンシルベニア大学、ドイツドレスデン工科大学との国際共同研究を実施し、マクロライド系抗菌薬とマクロライド系抗菌薬から合成した非抗菌性誘導体EM-523が、骨の再生?回復に働くことを歯周病と骨粗鬆症の老齢動物モデル実験で明らかにしました。本成果により、歯周病や骨粗鬆症などの骨が加齢とともに減弱する疾患に対し、有効な薬剤の開発研究が促進されます。
 本研究成果は、2024年1月16日、国際学術誌「iScience」に掲載されました。

ポイント

?マクロライド系抗菌薬および誘導薬EM-523は、骨再生に重要なDEL-1を誘導する。
?これら薬剤の7日間の投与により、老化で減少した歯を支える骨を再生させる。
?これら薬剤の8週間の投与により、老化による骨粗鬆症を改善させる。
?老化に伴い減少した骨の再生剤や骨粗鬆症の治療薬としての展開が期待される。

論文情報

【掲載誌】iScience
【論文名】A Novel Macrolide–Del-1 Axis to Regenerate Bone in Old Age
(老齢期の骨再生におけるマクロライド-DEL-1の新機軸)
【著 者】Kridtapat Sirisereephap, Hikaru Tamura, Jong-Hyung Lim, Meircurius Dwi Condro Surboyo, Toshihito Isono, Takumi Hiyoshi, Andrea L. Rosenkranz, Yurie Sato-Yamada, Hisanori Domon, Akari Ikeda, Tomoyasu Hirose, Toshiaki Sunazuka, Nagako Yoshiba, Hiroyuki Okada, Yutaka Terao, Takeyasu Maeda, Koichi Tabeta, Triantafyllos Chavakis, George Hajishengallis, Tomoki Maekawa*
(*corresponding author)
【DOI】10.1016/j.isci.2024.108798

問い合わせ先

研究に関すること

博狗体育在线_狗博体育直播【官方授权网站】@大村智記念研究所
教授 廣瀬 友靖
E-mail:thirose“AT”lisci.kitasato-u.ac.jp

報道に関すること

学校法人北里研究所 総務部広報課
〒108-8641 東京都港区白金5-9-1
TEL:03-5791-6422
E-mail:kohoh“AT”kitasato-u.ac.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。