新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 糖脂質を標的にしたタンパク尿治療効果を確認~透析患者数の減少を目指して~

糖脂質を標的にしたタンパク尿治療効果を確認
~透析患者数の減少を目指して~

 博狗体育在线_狗博体育直播【官方授权网站】@医学部腎臓内科学の川島永子助教、内藤正吉講師らは、麻布大学獣医学部、国立研究開発法人産業技術総合研究所の協力の下、腎臓にある糸球体足細胞膜に発現するシアル酸含有糖脂質(ガングリオシド)であるGM3の発現量の調節が、ネフローゼ症候群の一種である巣状分節性糸球体硬化症(Focal segmental glomerular sclerosis;FSGS)に伴うタンパク尿(血液中のタンパク質が尿中に漏れ出る状態)や糸球体障害の治療に有効である可能性を見出しました。また、この有効性は、糖尿病性腎症モデルを用いた検討でも確認されています。これらのことから、糸球体足細胞膜構成分子の発現調節は、糖尿病性腎症も含めた複数のタンパク尿を伴う腎臓病の治療への応用も期待されます。本研究成果は、2023年12月15日(現地時間)に、英国Springer Nature社の国際科学誌「Scientific Reports」にオンライン公開されました。

ポイント

?タンパク尿の量が多い腎臓病の患者は透析療法が必要となる危険性が極めて高い一方で、タンパク尿治療に特化した治療薬は存在しません。
?これまで本研究グループは、抗てんかん薬としても用いられているバルプロ酸によりGM3合成酵素遺伝子の活性化を介して発現が増強されたGM3は、同じく糸球体足細胞膜に発現し、当該細胞間に形成されているスリット膜構成分子であるネフリンと協調して足細胞を保護することを見出しています。今回新たに、このバルプロ酸を用いたGM3による足細胞保護効果は、巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)モデル動物におけるタンパク尿および腎機能の悪化?遷延に対する治療的効果が見られたにも関わらず、GM3合成酵素遺伝子欠損動物では同治療的効果は見られないことが分かりました。
?本研究グループは既に、糖尿病性腎症モデル動物においてもバルプロ酸を介したGM3の発現増強効果がタンパク尿や腎機能の悪化を阻止する効果があることも確認していることから、バルプロ酸によるGM3合成酵素遺伝子の活性化を介したGM3の発現が糸球体足細胞とスリット膜の機能維持に重要な役割を果たしていることが示されました。
?本研究結果は、糖脂質GM3や既存薬の腎領域における新たな効果を見出したことから、タンパク尿および腎機能改善に対する新たな治療薬開発だけでなく、安全面や費用対効果の面で有利な既存薬であるバルプロ酸の持つ「新たな作用」を活用することで、透析患者数減少への貢献が期待できます。

論文情報

【掲載誌】Scientific Reports
【論文名】Progression of albuminuria and podocyte injury in focal segmental glomerulosclerosis inhibited by enhanced glycosphingolipid GM3 via valproic acid.
【著 者】Nagako Kawashima*, Shokichi Naito, Masaki Nagane, Tadashi Yamashita, Ken-ichi Nakayama
(*責任著者)
【DOI】10.1038/s41598-023-49684-z

問い合わせ先

研究に関すること

博狗体育在线_狗博体育直播【官方授权网站】@医学部 腎臓内科学
助教 川島永子
E-mail:nagacok“AT”kitasato-u.ac.jp

博狗体育在线_狗博体育直播【官方授权网站】@医学部 腎臓内科学
講師 内藤正吉
E-mail:snaito“AT”med.kitasato-u.ac.jp

報道に関すること

学校法人北里研究所 総務部広報課
〒108-8641 東京都港区白金5-9-1
TEL:03-5791-6422
E-mail:kohoh“AT”kitasato-u.ac.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。